/

この記事は会員限定です

[FT]ロシア事業停止の多国籍企業、20万人に解雇のリスク

[有料会員限定]

ロシア事業の一時停止や撤退を表明した多国籍企業がいまも、同国の従業員20万人以上に給与を支払い続けている。ウクライナ戦争の早期終結への期待が薄らぐなか、大量解雇や資産の接収を懸念する声が高まっている。

米マクドナルドや仏ルノーなど多くの西側企業は3月にロシア事業を停止した際、数千人の従業員に給与の支払いを約束した。フィナンシャル・タイムズ(FT)の調査では、少なくとも20万6000人がいまも給与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン