/

トルコ「具体的措置」要求 北欧2国と電話協議

(更新)

【イスタンブール=共同】トルコのエルドアン大統領は21日、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請した北欧スウェーデンのアンデション首相と電話会談し、トルコが示す安全保障上の懸念に「具体的な措置」を講じるよう強く要求した。同時に加盟申請したフィンランドのニーニスト大統領とも電話会談した。トルコ大統領府が発表した。

北欧2国が18日に加盟申請して以来、加盟に反対するエルドアン氏と、北欧2国の首脳との会談はいずれも初めて。2国の加盟にはトルコを含む全加盟国の承認が必要となる。エルドアン氏は、2国が反政府武装闘争を続けるトルコの非合法組織クルド労働者党(PKK)やシリアのクルド勢力を支援していると反発している。

アンデション氏は会談後、ツイッターに投稿し「平和や安全保障、テロとの戦いを含め、(トルコとの)2国間関係を強化することを望んでいる」と訴えた。ニーニスト氏もツイッターで「フィンランドはあらゆる形態のテロを非難する」と強調した。

エルドアン氏は電話会談でニーニスト氏に対し、フィンランドの態度は「友好と同盟の精神と相いれない」と抗議した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン