/

この記事は会員限定です

中国新興、空中に新たな交通手段 早期実用化目指す 

[有料会員限定]

eVTOL(電動垂直離着陸機)開発のスタートアップ「WEFLY」が、エンジェルラウンドでの資金調達を公表した。中国ベンチャーキャピタル(VC)の「渶策資本」と「線性資本」が共同で出資し、「滄瀾資本」が単独でアドバイザーを務めた。今回調達した資金は製品の研究開発や技術チームの拡充に充てられる。

WEFLYは設立されてまだ日が浅いeVTOLメーカーだ。中心メンバーは海外の有名な航空機メーカー出身者で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン