/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]欧州スーパーリーグ構想、独禁法に抵触も

[有料会員限定]
Financial Times

競技大会があるからこそ、プロスポーツは投資先としてではなくショーとしての魅力がある。イングランド・プレミアリーグ(EPL)のリバプールやイタリア1部(セリエA)のACミランなど欧州サッカーの12チームが、JPモルガン・チェースから60億ドル(約6400億円)の資金提供を受けて、新しい「欧州スーパーリーグ(ESL)」の設立を計画している。このような参加チームが限られる形式は、反競争的な活動ではないか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1740文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン