/

EU、仏潜水艦で米豪批判 「許されない扱い」

think!多様な観点からニュースを考える

【ブリュッセル=共同】米英豪3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設で、フランスがオーストラリアに潜水艦共同開発計画を破棄されたことを巡り、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は20日「加盟国の一つが許されない扱いを受けている」と批判した。米豪に対する厳しい姿勢を明確に打ち出した。米CNNテレビのインタビューで語った。

EUは20日、国連総会に合わせて米ニューヨークで非公式の外相会合を開き、この問題を協議した。フランス公共ラジオによると、EUのボレル外交安全保障上級代表は会合後、「各国はフランスとの連帯を表明した」と記者団に述べた。EUのミシェル大統領も米国の対応を批判した。

AUKUSを巡っては、フランスだけでなくEUも事前に相談を受けていなかった。フォンデアライエン氏は「多くの疑問がある」とした上で、まず「何が起きたかをはっきりさせたい」と述べた。

AP通信によると、ミシェル氏は、AUKUSでのフランスへの対応やアフガニスタンからの一方的撤退に関し、米国の「透明性と誠実さの欠如」を批判した。

またフランスのルドリアン外相はニューヨークでの記者会見で「問題は軍備契約の破棄ではなく、同盟国間の信頼を壊したことだ」と強調した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン