/

この記事は会員限定です

パラグアイ外相、台湾との国交「変更なし」 

[有料会員限定]

台湾と外交関係を持つ南米パラグアイのアセベド外相は21日「インド太平洋地域との関係を重視するなかで、台湾は戦略的に重要だ」として今後も台湾との関係に変更はないとの見方を示した。加盟する南米南部共同市場(メルコスル)として日本と自由貿易協定(FTA)締結を含め経済的な関係を深めたいとの意向も示した。

都内で日本経済新聞の取材に応じた。アセベド氏はパラグアイにとって今後の経済関係を含めてインド太平洋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン