/

この記事は会員限定です

[FT]豪が期待する原潜の技術 静かに長く潜り、敵に迫る

[有料会員限定]

オーストラリアがフランスから通常動力型潜水艦12隻を調達する900億ドル(約9兆8000億円)の契約を破棄し、米英との新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」のもとで原子力潜水艦の配備を決めた。これはアジア太平洋地域の地政学と世界の防衛産業にとって重要な転機になりそうだ。

新たに建造する原潜は当初計画していた潜水艦よりはるかに能力が高く、英米の防衛関連企業に大きな商機をもたらす可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン