/

この記事は会員限定です

[FT]米ボーイング、大統領専用機の値引き受け入れ損失

[有料会員限定]

米大統領の専用機「エアフォースワン」は米国の権力の空飛ぶ象徴だ。だが、それを製造する側にとっては頭痛の種となりつつある。

米ボーイングは1980年代に製造された現行の専用機の後継として「747-800」ジャンボジェット機を改良して新しい専用機2機を製造する契約を受注した。だが、2022年1〜3月期決算ではこの生産の遅れに関連する6億6000万ドル(約890億円)を含む11億ドル以上の損失を計上し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン