/

中国、温家宝前首相の寄稿削除 母を回想し文革に言及

中国の温家宝前首相=共同

【北京=共同】中国で2013年に引退した温家宝前首相(78)がマカオ紙に発表した亡き母を回想した寄稿がインターネット上で削除や転送制限を受けている。暴力が猛威を振るった政治運動、文化大革命(1966~76年)に触れるなどしているためとみられるが、元国家指導者の発言を封じるのは珍しい。

寄稿は3~4月、マカオ導報に4回にわたり掲載された「私の母親」。昨年12月に亡くなった母親が清廉潔白な人だったことや自分の首相時代に2回手紙を送ってきたことなどを回想した。

教師だった父親が顔が腫れて目が見えにくくなるほど殴られた文革の暗黒時代も振り返り、最後に「中国は公平と正義に満ちた国で、人を尊重し、自由で奮闘する気質があるべきで、そのために私も努力してきた」などと締めくくっている。

現在の習近平指導部に入り、文革時代の否定的な側面は報じられなくなり、共産党が発展を模索した時期として歴史的な評価の見直しが進む。

温氏は胡錦濤前指導部時代の2012年3月の記者会見で党や国の指導制度などの政治改革を進めなければ「文革のような悲劇が再び生じかねない」と警告していた。

寄稿は一部ネットメディアが転載したが、削除された。中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の一部で閲覧できるが、転送禁止措置が取られている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン