/

サッカー欧州選手権で6000人超感染 英、決勝など8試合

(更新)
大勢の観客が密集した7月11日の決勝戦=ロイター

【ロンドン=共同】新型コロナウイルスの感染対策の効果を実証するため、英政府が大人数の観客の入場を認めた6~7月のサッカー欧州選手権で、観客計約6400人が感染したとみられることが、政府が20日に公表した調査報告書で明らかになった。調査した研究者らは、密接状態で「ウイルスがいかに容易に広がるかが示された」と指摘、注意を促している。

10カ国11都市を会場とした同選手権のうち、ロンドンの競技場で開催し、6万人以上を収容した決勝、準決勝を含む計8試合分(観客約35万人)を集計した。感染者の多くは、イングランド代表がイタリア代表に屈した決勝の観客。英紙タイムズは、決勝が感染を一気に広げる「スーパースプレッダー」となったと指摘している。

報告書によると、試合の観戦希望者には陰性かワクチン接種証明の提示を求めていた。しかし陽性確認の時期や潜伏期間などから、3千人超が試合時には既に感染していたとみられ、約6400人に感染を広めた可能性がある。

また、政府が大観衆の収容を認めた同時期の他のイベントについても調査。テニスのウィンブルドン選手権では、延べ約30万人を収容したが、感染者は千人に満たなかった。

研究を率いた英医療当局の医師は、欧州選手権の決勝などで、観客が密状態で叫んだり熱唱したりし、ウィンブルドン選手権の観客と行動面で「差が著しかった」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン