/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]Google、ロシア子会社破産申請も実害なし

[有料会員限定]

まずメディアを接収する。アジアやアフリカの無数のクーデターで使われた昔の手口が再び流行している。香港当局は2021年、中国共産党に批判的な香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)の資産を凍結し、創業者ら幹部ジャーナリストを逮捕して廃刊に追い込んだ。今度はロシア当局が米グーグルの国内銀行口座を差し押さえたことで、同社のロシア子会社は破産申請を余儀なくされた。

市民には悪いニュースだが、投資家は慌てる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン