/

この記事は会員限定です

青山学院大学地球社会共生学部、地図描きウクライナ支援

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

青山学院大学地球社会共生学部は、航空写真などを使った地図づくりに取り組んでいる。ロシアによるウクライナ侵攻をめぐっては、同国からの避難を支援するため国境地帯や支援拠点の情報を公開地図に反映させた。災害などの発生時に現地の状況を伝える「クライシスマッピング」を学び、最新技術やデータを活用する力を養う。

相模原キャンパス(相模原市)の教室のホワイトボードに航空写真が映し出された。日本から約8500キ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン