/

ファイザーCEO「菅首相とワクチン協議」 数や時期触れず

(更新)
ファイザーのブーラCEOは菅首相と電話協議した=ロイター

米製薬会社ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は日本時間18日、17日の菅義偉首相との電話協議に関しツイッターに投稿した。「ファイザー・独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンの追加供給について協議した」と触れた。

ブーラ氏は投稿で「東京五輪・パラリンピックが安全に開催できるように希望を共有した」とも表明した。日本への追加供給分の具体的な数量や時期には言及しなかった。首相は米国訪問中、ブーラ氏とおよそ10分間電話協議した。

ブーラ氏は一方で19日に「欧州連合(EU)にワクチン1億回分を年内に追加供給する」とツイートした。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン