/

この記事は会員限定です

[FT]英、移民規制でチキン不足 一部閉店のチェーンも

[有料会員限定]
Financial Times

英国で鶏肉の供給が足りず、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)やナンドスといったレストランがメニューの削減や一部店舗の閉店に追い込まれている。英国の鶏肉加工業者は、供給削減を余儀なくされたのは人手不足のためで、その原因は英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後の移民制限にあると話している。

鶏肉加工業者で英国最大手の一角を占める2シスターズ・フード・グループは18日、鶏を加工処理する人員の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン