/

この記事は会員限定です

米外交トップ、月1回ペースで訪欧 同盟再建へ奔走

MAPで追う世界

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米中の覇権争いが強まる中、バイデン米政権が欧州との関係修復に奔走している。米外交政策の責任者であるブリンケン国務長官は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも、1月の政権発足から月1回ペースで欧州を訪れている。

「米国が戻ってきたことを明確にする。民主主義国は最も困難な問題に立ち向かう」

バイデン大統領は6月上旬、初の外遊先となった英国で、欧州各国との関係再構築を図ると訴えた。その後に訪れたベルギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン