/

この記事は会員限定です

[FT]ルペン氏、イスラム女性のスカーフ禁止姿勢を緩和

[有料会員限定]

24日に予定されるフランス大統領選の決選投票を前に、現職のマクロン氏に挑む極右政党「国民連合」党首のルペン氏は、イスラム教徒の女性に髪を覆うスカーフ(ヒジャブ)の公の場での着用を禁止するという従来の公約を緩める姿勢を示した。

転換の背景には、両候補が選挙運動でスカーフを着けた女性らと対面し、政教分離の原則が厳格なフランスにおける宗教に関連する衣服の位置付けを巡り、長年の議論を再燃させたことがある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン