/

英国も北京五輪「外交ボイコット」検討 タイムズ紙報道

英タイムズ紙(電子版)は20日、2022年2月の北京冬季五輪を巡り、英国のジョンソン首相が選手団以外の外交使節団を派遣しない「外交ボイコット」を検討していると報じた。バイデン米大統領も18日に外交ボイコットを検討中と明言していた。欧州などでも議論が高まる可能性がある。

報道によると、外交ボイコットは米国での検討も踏まえて、英政府内で「活発に議論」されており、トラス外相がボイコットに賛成しているという。閣僚派遣は見送り、駐中国大使が出席する選択肢も考えられる。

中国の反発は必至だ。習近平(シー・ジンピン)指導部は外交ルートを通じて、各国に五輪への参加と協力を呼びかけている。中国外務省は米国の外交ボイコット検討を非難していた。

北京五輪を巡っては、英議会下院が7月、中国の人権問題が解決しない限り、外交ボイコットを政府に求める動議を通した。欧州議会も同月、中国が人権問題を改善する姿勢を示さなければ、政府代表や外交官が招待に応じないように欧州連合(EU)の機関や加盟国に求める決議を採択した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン