/

この記事は会員限定です

[FT]コロナ禍、中央アジア経済改革の契機となるか

[有料会員限定]
Financial Times

過去四半世紀で初の不況からの回復途上にある中央アジア各国では、ロシアで働く移民労働者から本国への送金が、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がもたらす経済的影響を緩和している。しかし中国への天然ガス輸出で得られる収入の急減とワクチン接種の遅れが経済の回復に影を落としている。

国際通貨基金(IMF)によると、出稼ぎ労働者からの送金は感染が最初に広がった2020年上半期に25%減少したが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2442文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン