/

この記事は会員限定です

中国技術猛追、米の危機感強く 制裁での各国足並み焦点

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】米中対立は新たな局面に入った。米国が同盟国と連携して中国のサイバー攻撃を非難し、対中包囲網の構築に向けた取り組みを拡大したためだ。米国には人工知能(AI)を含むインターネット空間での技術で自らに肉薄する中国への危機感が強い。制裁など各国が具体的な対抗策で共同歩調をとれるかが焦点となる。

「米国は友好国や同盟国と協調してサイバー犯罪に対抗し、デジタル権威主義に反対する」。ブリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン