/

この記事は会員限定です

[FT]シリコンバレーで続く軍産協力 中ロの脅威に対抗

[有料会員限定]
Financial Times

米IBMのアービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)は米連邦議会にあてた2020年の書簡で、同社の顔認識ソフトウエア製品を廃止すると表明した。法執行機関がこの製品を多数の人々を監視するために乱用しているとも指摘した。

マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムといった米国のテック企業も従業員の批判を受け、IBMと足並みをそろえてきた。両社は顔認識ソフトを警察機関に提供しないと表明し、米議会にこの技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン