/

中国、タリバンの姿勢評価 トルコ外相と電話会談

【北京=共同】中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は18日、トルコのチャブシオール外相とアフガニスタン情勢を巡り電話会談し、イスラム主義組織タリバンが各国と良好な関係を築く意向を示していることについて「歓迎に値する。具体的な政策と行動に期待する」と述べた。中国外務省が19日発表した。

王氏はアフガン国内には内戦のリスクが今もあると強調した。タリバンが市民の要望をかなえると表明したとして「前向きなシグナルを発した」と評価。包括的な政府をつくり、テロ勢力と関わりを断つよう求めた。

チャブシオール氏は中国と意思疎通を保ち、協力してアフガン情勢に対応したいと表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン