/

この記事は会員限定です

[FT]ウクライナ侵攻で小麦減産へ 穴埋め狙う南米の農家

[有料会員限定]

ブラジル・サンパウロ州内陸部リベイラン・プレート近郊でサトウキビと大豆を栽培するホセ・オディロン・デ・リマ・ネトさんは、2022年は別の作物を初めて栽培しようと考えている。

「ウクライナとロシアで夏の作付けが難しくなるため、小麦を作ってみるチャンスかもしれない」

ロシアのウクライナ侵攻以降、小麦の国際価格は高騰している。世界で取引される小麦の約30%を占める両国からの輸入に依存する多くの国への供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン