/

ソフトバンクG、アーム英上場計画を停止 FT報道

think!多様な観点からニュースを考える

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は18日、ソフトバンクグループ(SBG)が傘下の英半導体設計大手アームを英国上場させる計画を停止したと報じた。ロンドン証券取引所への上場を働きかけていたジョンソン英首相が辞意を表明したため、英上場に向けた協議や社内手続きが停止したと複数の関係者が明らかにしたという。

アームの新規株式公開(IPO)を巡っては、英政府がテクノロジー企業の国外流出を防ごうとロンドン証取への上場を誘致していた。FTは英政局の混乱により、アームが米ナスダックへ単独上場する可能性が高まったと指摘した。

テクノロジー企業上場としては英国で最大級の上場規模となり得ただけに、ロンドン上場が見送られれば英国の今後の成長戦略にも打撃となる。

FTは関係者の話として、SBGはアームの米国単独上場とする案のほか、英国と米国で二重上場とする案も検討していたと説明した。だがジョンソン政権で交渉を担った閣僚が辞任するなどし、英国上場に向けたSBG社内の作業は事実上止まっていたという。

SBGはアームを中核事業と位置づけ、同社の成長に軸足を置く方針を示している。孫正義会長兼社長は6月下旬の定時株主総会で、英側からのロンドン上場にむけた働きかけがあったことを認めたうえで、上場先として「本命はナスダックだが、まだ決めていない」と語っていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン