/

この記事は会員限定です

[FT]オーストラリアの鉱山廃棄物に電池材料のコバルト

[有料会員限定]

オーストラリアのクイーンズランド州政府が銅鉱山の廃棄物の中からコバルトを探すため、内陸部の町マウント・アイザに地質学者のアニータ・パーバカールフォックス教授を派遣した時、教授は大きな期待を抱いていた。

だが、クイーンズランド大学の研究室に戻り、採取したサンプルを検査すると、衝撃を受けた。ある測定では、コバルト含有量が7000PPM(PPMは100万分の1)を示していた。地殻に存在するコバルトの平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン