/

この記事は会員限定です

イラン大統領が訪ロ 中ロイラン「反米」連携一段と

「有事」連鎖のリスクも

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光、モスクワ=桑本太】イランのライシ大統領は19日、ロシアを訪問し同国のプーチン大統領と会談した。イランは2021年に中国とむすんだ長期の経済安保協力をモデルにロシアとも関係を強化しようとしている。米国と対立する中国、ロシア、イランは「有事」が連鎖する可能性をちらつかせ揺さぶりを強める。

「イランとロシアの関係強化は、両国の影響力やシナジーを高める」。タス通信によると、ライシ師は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン