/

ウクライナ首相装い電話 英国防相に、ロシアの関与示唆

【ロンドン=共同】英国のウォレス国防相は17日、ウクライナのシュミハリ首相になりすました人物とのビデオ電話に同日応対したとツイッターで明らかにした。パテル内相も同様の被害を最近受けたことを明かした。人物の素性や目的は不明だが、ウォレス氏はウクライナに侵攻したロシアの関与を示唆し批判した。

BBC放送によると、英国のウクライナ大使館からの送信を装ったとみられる電子メールが届き、会談が設定された。

ウォレス氏は10分ほどして不審に思い、通話を打ち切った。相手側からは英国が黒海に軍艦を派遣する意図など、ウクライナ情勢絡みの質問を受けたもようだ。

ウォレス氏は「ロシアが偽情報や事実の歪曲(わいきょく)、汚い手口を用いても、違法な軍事侵攻や人権侵害から目をそらすことはできない」と強調。シュミハリ氏もツイッターで「ロシアが偽情報を用いようとも、真実はウクライナの側にあることを世界は分かっている」と応じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン