/

この記事は会員限定です

[FT]EUの国境炭素税、ロシア企業に大打撃

[有料会員限定]
Financial Times

欧州連合(EU)が輸入品に対する炭素税の導入を計画しているが、ロシア政府は自国企業への大打撃が不可避とみて同制度を保護主義的とする非難を強めている。

炭素国境調整措置(CBAM)は国境炭素税とも呼ばれ、気候変動対策が不十分な国からの輸入品に課される。EU市場へのアクセスを求めるロシア企業が巨額の追加コストを支払う可能性があるとアナリストや政府関係者は指摘している。

追加コストの推計には幅がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン