/

モデルナ、9割超で重症化予防 4カ月後も効果持続

米CDC ファイザーは77%に低下

世界ではワクチンの追加接種が進む(8月、エルサレム)=ロイター

米疾病対策センター(CDC)は17日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンが接種完了から4カ月後も、入院するほどの重症化を9割超で防げるとの調査結果を発表した。一方、ファイザー製は4カ月後にはこの比率が14ポイント落ちて77%になる。

CDCは今年3~8月に成人約3700人を対象に調査した。全体の約6割はワクチンを未接種で、残り4割はモデルナ、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製のいずれかの接種を完了していた。新型コロナに感染した場合に、入院が必要となるほどの重症化をどれだけ抑えられるか分析した。

モデルナ製は4カ月たっても重症化を防ぐ効果は92%で、下げ幅は1ポイントにとどまった。これに対し、ファイザー製は接種完了から2週間~4カ月は91%だったが、4カ月たつと77%に落ちた。J&Jは比較するのに十分なサンプルが集まらなかったが、おおむね71%の効果があるとした。

米食品医薬品局(FDA)が同日開いた第三者委員会は、ファイザー製ワクチンについて65歳以上の高齢者や持病がある人を対象に3回目の追加接種を承認するよう勧告した。ファイザー製の有効性が下がることに対応した措置とみられる。

一方、同委員会は65歳未満については「データが不十分だ」との指摘があったため、追加接種の推奨を見送った。

バイデン政権は18歳以上への追加接種を9月下旬にも始める方針だ。勧告に強制力はないが、65歳未満の追加接種は当面先送りされる可能性がある。ファイザーは17日、「(追加接種の)承認に向けてデータ収集を続ける」と声明を出した。

FDAの一部の研究者らは英医学誌ランセットに13日公開した論文で「重症化予防に高い効果を維持しているので、現状で一般の人への追加接種は必要ない」と主張した。世界保健機関(WHO)も途上国への供給を優先すべきだとの見解を示している。

世界ではイスラエルが8月に3回目の追加接種を始めた。フランスは9月上旬から高齢者を対象に実施し、英国も来週から始める。日本も17日、国内で3回目の追加接種をする方針を固めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン