/

この記事は会員限定です

[FT]ロウハニ政権に市民は失望 イラン穏健派の2期8年

[有料会員限定]
Financial Times

2013年のイラン大統領選で保守穏健派のロウハニ師が当選を決めてから間もなく、同国の代表チームがサッカーのワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。新たな指導者が幸運を呼んだと感じた国民は多かった。

それまでの8年間、対立をいとわないアフマディネジャド政権は欧米との関係が悪化したが、ロウハニ大統領の誕生で正常な関係に戻るとの観測もあった。イランが抱えていた問題を解消させるとロウハニ師が約束すると、市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン