/

この記事は会員限定です

中国、生鮮食品量り売りにAI活用 従業員の作業効率化

[有料会員限定]

企業情報検索サイト「天眼査」によると、2020年に生鮮食品の小売市場は5兆元(約100兆円)に達した。生鮮食品電子商取引(EC)が増加すると同時に、オフラインでも生鮮食品スーパーや果物店などが各地で開業している。

ITサービスを手がける「厦門准動網絡科技」が11年に設立したソフトウエアブランド「Pospal」はこの市場に着目し、量り売りの生鮮食品計量ソリューション「銀豹生鮮称重」を打ち出した。こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。 このコラムでは同サイトが発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語記事を日経電子版に週2回掲載し、中国における最新の技術発展を追いながら中国の経済成長動向や今後の見通しについてお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン