/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]対ロシア制裁のキャビア禁輸、影響は軽微

[有料会員限定]

1969年の映画「女王陛下の007」で、ジェームズ・ボンドはキャビアを試食し「ああ、カスピ海北部産のロイヤル・ベルーガだ」と明言する。当時は旧ソ連がイランとともに、塩辛いチョウザメの卵の供給を独占していたが、今は違う。欧州連合(EU)は今月、ロシアからのキャビア輸入を禁止したが、この禁輸措置には象徴的な意味しかない。ロシアが2020年に輸出したキャビアはわずか1トンだった。

ソ連崩壊後の1990...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン