/

オミクロン予防「4回接種でも不十分」 イスラエル研究

think!多様な観点からニュースを考える

米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを4回接種しても、変異型「オミクロン型」の感染を十分に予防できない可能性があることがイスラエルで実施した研究の暫定結果で分かった。17日に同国の医療機関の研究者が明らかにした。抗体は増えるものの、4回目接種後も感染が確認された事例があるという。

イスラエルメディアや米ブルームバーグ通信などが伝えた。研究ではイスラエル最大級の医療機関シェバ・メディカルセンターで、4回目の接種を試験的に受けた医療関係者約150人について、接種から2週間後の抗体レベルなどを調べた。

主任研究者は「抗体レベルは上がったが、(既存の)ワクチンへの耐性が比較的高いオミクロン型に対しては部分的にしか効果がない」との見解を示した。予備的な研究結果とした上で、高齢者やリスクが高い人々への4回目接種を支持する一方で、対象を全国民などに広げることには慎重な構えを示した。

イスラエルではオミクロン型の感染の急拡大を受け、2日に60歳以上の市民や医療関係者を対象に4回目接種を承認し、大規模接種を進めている。これまでに50万人以上が4回目を接種した。

研究ではファイザー製ワクチンを3回接種した医療関係者を対象に、米モデルナ製ワクチンを追加接種する試験も実施した。接種から1週間が経過した時点で、ファイザー製の4回接種と同じ程度の抗体レベルの上昇が確認されたという。

4回目接種についてはデータが不十分で、必要性を疑問視する見方が出ていた。ファイザーやモデルナはオミクロン型に特化したワクチンの開発を進めている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン