/

日仏2プラス2、20日開催 インド太平洋で協力強化

【パリ=共同】フランス国防省は17日、日本とフランスの外務・防衛閣僚会議(2プラス2)を20日にテレビ会議方式で開くと発表した。中国が台頭するインド太平洋地域での協力強化が主要議題。日仏2プラス2の開催は2019年1月以来約3年ぶりで6回目となる。

日本は林芳正外相と岸信夫防衛相、フランスはルドリアン外相とパルリ国防相が出席する。

フランスのマクロン政権は18年にインド太平洋戦略を打ち出した。中国の覇権主義に異を唱える一方、同盟国の米国の対中強硬姿勢にも従属しない「第3の道」を目指し、日本を主要協力国の一つと位置付けている。

昨年は陸軍部隊が九州で日米部隊と初の離島防衛訓練を実施。日本がオーストラリアと初めて結んだ、共同訓練時の手続きを事前に定める「円滑化協定(RAA)」について、フランスも締結交渉の開始を望んでいる。

フランスは今年前半の欧州連合(EU)議長国で、2月下旬にパリでインド太平洋地域とEU各国の外相会合開催も予定する。日本を含む地域諸国を招き、安全保障、経済、環境などの分野での協力強化を議論。中国は招かない。

日仏2プラス2は昨年、日本で開催する方針だったが、日程調整がつかず延期されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン