/

この記事は会員限定です

[FT]資源高でも通貨売られる中南米 コロナで債務が膨張

[有料会員限定]

銅にとって良いことは南米チリの通貨ペソにとって良いことだった。世界一の銅輸出国の通貨の命運は、その主力輸出品の価格と連動していた。

2021年、そのパターンが崩れた。銅の国際価格は同年に25%上昇したが、チリペソは対ドルでほぼ17%下落。主要新興国のなかで最も激しい通貨安を記録した。

チリに限ったことではない。21年は国際商品市況が高騰したにもかかわらず、中南米では全ての主要国の通貨が下落した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン