/

北京五輪組織委「台湾は中国の一部」 異例の政治発言

国際オリンピック委員会(IOC)が17日に北京で開いた記者会見で、北京冬季五輪の大会組織委員会の厳家蓉報道官が「台湾は中国の不可分の一部」と述べ、中国の習近平(シー・ジンピン)指導部の見方に沿った見解を示した。五輪憲章は政治的な中立を掲げており、組織委による政治発言は異例だ。

ロイター通信やAFP通信などが伝えた。厳報道官は新疆ウイグル自治区における人権問題に関する質問に対しても、強制労働や人権弾圧といった主張が「確信犯的なグループによるウソだ」と否定した。

北京冬季五輪を巡っては、新疆ウイグル自治区などでの人権弾圧に反発して米英などが閣僚や官僚を現地に派遣しない「外交ボイコット」を決めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン