/

元ロシア軍人ら3人に終身刑 14年のマレーシア機撃墜

(更新)

【ブリュッセル=共同】ウクライナ上空で2014年7月にマレーシア航空機が撃墜され、乗客乗員298人が死亡した事件で、オランダの裁判所は17日、地対空ミサイルを配備したなどとして殺人罪に問われた元ロシア大佐ら4人のうち3人に終身刑を言い渡した。1人は証拠不十分で無罪となった。欧米メディアが伝えた。

事件は親ロ派勢力が一方的に独立宣言したウクライナ東部で発生し、世界に衝撃を与えた。航空機はアムステルダムからマレーシア・クアラルンプールに向かっていた。犠牲者の多くはオランダ人で、オランダが国際合同捜査を主導した。

判決は、親ロ派勢力が発射したミサイルによってマレーシア機は撃墜されたと結論づけた。

判決を受けたのは、親ロ派支配地域「ドネツク人民共和国」国防相を自称した元ロシア連邦保安局(FSB)大佐イーゴリ・ギルキン、元ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)幹部セルゲイ・ドゥビンスキー、元同軍特殊部隊員オレク・プラトフ、ウクライナ人の分離独立派レオニード・ハルチェンコの4被告。プラトフ被告は無罪となった。

4人はロシアにいるとみられるが、事件への関与を否定しているロシア政府は引き渡さず、公判を欠席している。

20年3月に初公判が開かれ、その後の公判で遺族らが「ロシアはうそをついている」などと証言。21年12月に検察側が終身刑を求刑した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン