/

韓国、ワクチン接種後の重症者に支援金 最大100万円

韓国政府はコロナワクチン接種後に重症になった人に医療支援金を支給する(17日、ソウル)=共同

【ソウル=共同】韓国政府は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種後に体調を崩し重症となった人に、ワクチンと健康被害の因果関係が明らかになっていない場合でも医療支援金として最大1千万ウォン(約100万円)を支給する制度を始めた。副作用への不安を和らげるのが狙い。

韓国で1回目のワクチン接種を終えた人は約370万人で人口の約7%にとどまる。一時的にワクチンの供給が滞ったことも影響して低調だ。

これまで支援金はワクチン接種との因果関係があると判断された人に限られていた。韓国政府によると、9日までの時点で因果関係が認められた重症者は2件のみ。

17日より前に接種した人も新制度の対象に含まれる。申請後に居住地域の自治体の調査を受け、ワクチンとは別の原因が特定された場合は除外される。

一方、韓国保健当局はワクチン接種後の体調不良に関し、確認されている事例の約96%が筋肉痛や頭痛、発熱などの軽い症状だと説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン