[FT・Lex]欧州株の上昇、長続きする可能性 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]欧州株の上昇、長続きする可能性

[有料会員限定]

ベテランの株式専門家なら誰でも、「デット・キャット・バウンス(死んだ猫でも高いところから落とせば弾む)」という相場の格言を知っている。実際、弱気相場で株価が一時的に根拠もなく反発する傾向は、2022年夏に米国でみられた。しかし、STOXX欧州600株価指数が22年8月以来約10%上昇しているという欧州株の好調ぶりは、より長続きする可能性がある。

23年の欧州企業の堅調な決算を予想しにくいのは確か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません