/

中国、台湾周辺で軍事演習 対米けん制

【北京=共同】中国軍東部戦区の報道官は17日、台湾の南西と南東の空域・海域で軍事演習を実施したと発表した。艦艇や対潜哨戒機、戦闘機を出動させて火力を使った。中国は米政府が台湾への武器売却を承認したことなどに反発しており、米台をけん制する狙いがある。

報道官は米台が頻繁に中国の主権を侵害し、台湾海峡の平和と安定を破壊していると強調。演習は国家主権を守るための行動で、外部勢力の干渉と「台湾独立」勢力の挑発に対する厳正な反応だと説明した。戦いに備え、訓練を強化し続けるとも表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン