/

この記事は会員限定です

[FT]米軍、ソマリア駐留を再開へ イスラム過激派対策

[有料会員限定]

米国のバイデン大統領がソマリアに小規模だが「持続的」な軍事的プレゼンスを確立することを承認し、「アフリカの角」と呼ばれる大陸東部に位置する同国から約750人の米軍部隊を引き揚げたトランプ前政権の方針を覆した。

米政権の複数の高官は16日、バイデン氏の決定は、国際テロ組織アルカイダと関係があるソマリアのイスラム過激派組織アルシャバーブの脅威に対する懸念が高まるなかで、オースティン米国防長官からの進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン