/

駐韓大使、公使に厳重注意 不適切発言で

17日、ソウルの韓国外務省に相星孝一駐韓大使(左)を呼び出して抗議する崔鍾建・外務第1次官=韓国外務省提供・共同

【ソウル=共同】在韓国日本大使館は17日、相馬弘尚総括公使が韓国メディア記者の取材に対し「極めて不適切」な発言をしたとして、相星孝一大使が厳重に注意したと発表した。韓国のJTBCテレビが16日、日韓関係を巡り文在寅大統領が1人で神経戦をしているとの趣旨で日本大使館の高官が「マスターベーション」との表現を用いたと報じていた。

韓国の崔鍾建・外務第1次官は17日、相星氏を外務省に呼び出して「(文氏の)韓日関係の発展に向けた努力を大きく損なわせる無礼な発言をした」と厳重に抗議し、両国の外交問題に発展した。日本政府に再発防止措置を取ることも求めた。

東京五輪開会式に文氏が出席するかどうかを巡る問題など、日韓関係に影響を及ぼす可能性もある。韓国側発表によると、相星氏は崔氏に遺憾の意を示した。

大使館の発表によると、相星氏が相馬氏に確認した結果、報じられているような表現を用いたのは事実だと認めた。一方、その場で撤回したと説明し、文氏個人に対する発言ではなかったとも釈明した。

JTBCの報道によると、同社の記者は日韓首脳会談開催の可能性などについて見解を聞くために相馬氏を取材。相馬氏は、両国間の問題に日本側が「神経を使う余裕がない」と説明した上で、不適切な発言をした。その場で「失礼だった」と謝罪したという。

JTBCは「駐在国の首脳に性的な表現を、それも相手国の報道機関の前で使うのは常識的ではない」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン