/

イスラエル、屋外のマスク着用義務撤廃へ 18日から

エルサレムの公園で独立記念日に開催された航空機ショーをみる人々(15日)=ロイター

【エルサレム=共同】新型コロナウイルスワクチンの接種が速いペースで進むイスラエルの保健省は15日、感染率が下がっているとして、屋外でのマスク着用義務を18日から撤廃すると発表した。屋内では引き続き着用が必要になる。

エデルステイン保健相は声明で「ワクチンキャンペーンの成功により、規制を緩和できる」と強調。イスラエル紙「エルサレム・ポスト」によると医療関係者は、感染者数が減少し、国民の多くがワクチンを接種したか感染後に回復した状況では、マスク着用規制の緩和は理にかなっていると説明した。

イスラエルでは、13日までに国民の約53%が全2回の接種を終えた。ピーク時に9千人超だった1日当たりの新規感染者数は14日の発表で約200人にまで減少している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン