/

この記事は会員限定です

[FT]米シェールオイルの生産頭打ち 良好な油井が減少

[有料会員限定]
Financial Times

10年前に米国のシェールブームの発祥地となったノースダコタ州のバッケン鉱区は、昨年の急激な原油安からの立ち直りに苦戦している。原油価格が1バレル80ドル台へ回復しているにもかかわらずだ。

これは、米石油産業の成長が全般的に減速していることの表れで、各社は相場の回復で得た臨時収入を株主に還元しようと、支出を抑制している。ただ、バッケン鉱区は何年にもわたる集中的な掘削を経て、先行きは暗いとアナリストら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2558文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン