/

トルコ、ギリシャ非難応酬 両国外相が共同会見で

ギリシャのデンディアス外相㊧とトルコのチャブシオール外相は共同記者会見を開いた(15日、アンカラ)=AP

【イスタンブール=共同】トルコのチャブシオール外相とギリシャのデンディアス外相は15日、トルコ首都アンカラで行われた会談後の共同記者会見で非難の応酬を繰り広げた。東地中海の海底資源開発を巡る昨年の対立激化から転じて緊張緩和を目指して行われた会談だったが、対立の根深さが浮き彫りになった。

約30分の記者会見は穏やかに始まったが、デンディアス氏が東地中海でトルコがギリシャの主権を侵害し続ければ欧州連合(EU)は制裁を科す可能性があるなどと指摘すると、チャブシオール氏は「わが国にとって全く受け入れられない非難だ」と反発した。

昨年、トルコは両国がそれぞれ自国の大陸棚と主張する海域で海底資源探査を強行し、緊張が高まった。チャブシオール氏は「トルコは東地中海で自国の権利を守ることができる」と語気を強め、デンディアス氏は「トルコは国際海洋法に違反している」と批判した。

チャブシオール氏は「意見の違いは激しいが、対話の継続が重要だ」と呼び掛けたが、デンディアス氏は、まずトルコがギリシャやEUの考え方を理解すべきだという主張を譲らなかった。記者会見の最後には互いに笑顔も見せたが、対立が目立った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン