/

この記事は会員限定です

[FT]米、消費と雇用が回復 ワクチン接種進展が後押し

[有料会員限定]
Financial Times

米国で新型コロナウイルスワクチンの接種が急ピッチで進み、それに伴うロックダウン(都市封鎖)の緩和が個人消費の急増につながるとともに、失業保険の新規申請件数もコロナ禍以降で最少となった。

15日発表の統計によると、米国では3月の小売売上高が10カ月ぶりの大幅な伸びを記録する一方、4月10日までの1週間の新規失業保険申請件数は57万6000件と前週から19万3000件減少し、エコノミストが予測していた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2382文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン