/

フィンランドのNATO加盟申請「可能性高い」欧州問題相

【ロンドン=共同】北欧フィンランドのトゥップライネン欧州問題相は15日、英スカイニューズ・テレビに出演し、ロシアによるウクライナ侵攻は「われわれ全てに対する警鐘だ」と強調し、フィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の可能性は「高い」と明言した。ロシアによる核兵器を含めた軍備強化の警告には反発した。

ロシアと約1300キロの国境を接するフィンランドではウクライナ侵攻後、NATO加盟支持の世論が急拡大した。マリン首相は13日、加盟に意欲を表明し「数週間以内」に申請の是非を決める方針を明らかにした。トゥップライネン氏の発言はさらに踏み込んだ形。

隣国スウェーデンも加盟に前向きで、ロシア前大統領のメドベージェフ安全保障会議副議長は両国が加盟すれば国境防衛の強化が必要と警告。バルト海周辺の「非核化はあり得ない」と核配備の可能性も示唆した。

フィンランドとスウェーデンでは、申請後から正式加盟の間にロシアの攻撃を受けるとの懸念がある。トゥップライネン氏は申請の正式決定はまだだとした上で、NATOによる可能な限り迅速な手続きが必要だとの考えを示した。

この北欧2カ国は伝統的に軍事的中立を維持してきたが、最近の世論調査ではNATO加盟支持が過半数を占めた。トゥップライネン氏は「状況は変わった。プーチン大統領のロシアはもう信用できない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン