/

EUへの天然ガス輸出拡大 多角化、イスラエルが協定

【カイロ=共同】イスラエルとエジプトは15日、欧州への天然ガス輸出を拡大する協定を欧州連合(EU)と締結した。3者の代表がエジプトの首都カイロで覚書に署名した。ロシアによるウクライナ侵攻後、EUは天然ガスや石油などのロシア依存を低減するため、供給元の多角化を進めている。

EUはガス輸入の約4割をロシアに頼ってきた。署名式に立ち会ったフォンデアライエン欧州委員長はイスラエル、エジプトが「信頼できる供給元」だと述べ、協定の意義を強調した。

ロイター通信などによると、イスラエル産の天然ガスはパイプラインでエジプトの施設に運ばれ、液化天然ガス(LNG)にした後、欧州に供給される見通し。

フォンデアライエン氏は14日、訪問先のイスラエルで「われわれがロシアの化石燃料に依存していることを利用し、脅迫している」とロシアを批判。イスラエルのベネット首相との共同記者会見では、エネルギー政策での協力強化に意欲を見せた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン