/

金正日氏記念日で祝賀続く 北朝鮮、パレードは不明

【北京=共同】北朝鮮メディアは15日、故金正日総書記の生誕80年の記念日を16日に迎えるのを前に、記念コイン発行が決まるなど祝賀行事が続いていることを報じた。1月から軍事パレードの準備と推測される動きが衛星写真などで見られているが、16日に行われるかどうかは不明だ。

北朝鮮では今年、4月15日に金日成主席の生誕110年も迎え、当局は「革命的大慶事の年」として祝賀行事を続けている。1月に繰り返した弾道ミサイルなどの発射も、国防力が進展していると国内に示し、世論を鼓舞して政権の求心力を高める目的もあったとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン