/

ローマ教皇、「第3次大戦起きている」と警鐘

【ローマ=共同】ローマ教皇フランシスコは14日までに、ロシアによるウクライナ侵攻に関して、「私にとって今日、第3次世界大戦は布告されている」と警鐘を鳴らした。5月19日、イエズス会系の雑誌編集者らと会った際に発言した。ローマ教皇庁(バチカン)の公式メディアが報じた。

教皇は「私は数年前、世界は部分的に第3次大戦を経験していると言った」と指摘。同時にウクライナが欧州から近く人々の関心を集めているのに対し、遠くのアフリカ各国やミャンマーでも紛争が続いていることについては「誰も気にしていない」とも強調した。

ウクライナでの戦争は何らかの方法で引き起こされたか、妨げられなかったものだとも述べ、その背後には武器の売買などがあるとの見方を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン