/

この記事は会員限定です

[FT]産油国から「水素大国」へ サウジ、脱炭素の野望

[有料会員限定]

サウジアラビアの北西沿岸部で、数十億ドル(数千億円)を投じて水素製造プラントを建設する計画が進行中だ。世界一の石油輸出国が、クリーンなエネルギー源の最大の生産国になることに挑んでいる。

日量650トンの環境に優しい「グリーン水素」の製造という目標を達成すれば、新プラントは世界最大の水素製造施設となる。場所は紅海沿岸に位置する建設中の未来都市でありプロジェクト推進組織でもある「NEOM(ネオム)」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン